QRコード
携帯からもLet'sアクセス るんるん

2005年09月28日

花柳寿南海(人間国宝)

寿南海.JPG
PHOTO Hiroyuki-Hondo


本物の舞台芸術体験事業

9月25〜26日と、平成17年本物の舞台芸術体験事業(会館公演)の仕事で九州小倉の北九州芸術劇場に行ってきました。

今回は、日本舞踊や上演作品について舞踊家(恵都子さんの司会は凄い!)自らわかりやすく解説し、実際の舞台の転換などを客に見せながら大道具の飾りつけなどについて解説する。子供たちを舞台に上げ、礼儀作法や扇子をもって簡単な振りを踊らせたりもします。


タイトルにもあるように本物の芸術を見せる公演で、人間国宝の花柳寿南海さんまで登場する。2002年にも同じ公演でご一緒して沖縄を回りましたが、ますますお元気な姿を拝見しました。(写真は2002年に首里城でのスナップです。)
演目は夏目漱石原作「吾輩は猫である」を舞踊に仕立てたもので、子供たちにもわかりやすく楽しめる作品で、本当に何度見ても寿南海さんの凄さを感じる舞踊であります。

本当においくつですか???

最後は実力者ぞろいの演目で、「 御柱祭 ( おんばしら ) 」 (長野県諏訪市の七年に一度の奇祭で有名である。)市山松扇さん、泉徳保さん、猿若裕貴さん他の出演で、大迫力の舞台を見せていただきました。市山松扇さんは2004年に七世家元を襲名し、「二代目」とか「松之助さん」とか呼べなくなってしまいました!
ますますのご活躍をお祈りしてます。


posted by yu_ki at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7402389
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。