QRコード
携帯からもLet'sアクセス るんるん

2006年04月20日

沖縄に行ったらぜひ「渡嘉敷島」へ

渡嘉敷島

絵 渡嘉敷島.jpg
渡嘉敷島って知ってますか?
ここは本当にお薦めですよ!

慶良間諸島の中で一番大きな島が渡嘉敷島。

沖縄より船で近くて、ものすごく綺麗な海が広がってます。

またクジラが見れる場所としても有名ですね。



この場所は渡嘉敷港旅客待合所で、渡嘉敷村歴史民俗資料館などもあり島の歴史などにも触れられます。

ビーチと宿のある阿波連までは、宿の車がここまで送迎してくれます。





渡嘉敷島001.jpg
ここは山の上から見た渡嘉敷港です。

ここまでの行き方は、沖縄泊港より船で向かいます。
泊港へは国際通り(安里三叉路)より車で約10分。
ここよりフェリー乗り、高速船「マリンライナーとかしき」か、「フェリーけらま」に乗る。

違いはバッド(下向き矢印)

 
高速船「マリンライナーとかしき」
所要時間約35分。
運賃往復4,200円
泊港より 1便 9:00出発
 
「フェリーけらま」
旅客・貨物・車両OK 所要時間約70分。
運賃往復2,800円
泊港より 1便 10:00出発




渡嘉敷島002.jpg
沖縄へは6月に仕事で行き、ここが最終日のため友人3人で延泊。
この日は国際通り沿いのホテルに1泊し、次の日は9時の高速フェリーで渡嘉敷島に渡る予定を立て、渡嘉敷島のペンションに予約を入れてみた。

夜はお決まりの焼肉次項有二次会とお決まりコース。

もちろん泡盛をたらふく?いただき・・・みんな上機嫌。

次の日はホテルのロビーで待ち合わせたが、朝、電話があり約1名体調がすぐれずに9時の高速フェリーはきついとのこと。

うーん飲みすぎてしまったかな??

心配したがどうにか10時のフェリーには間に合い無事渡嘉敷島へ出発。



渡嘉敷島004.jpg
ここは宿の前の景色。
一歩出ると、もう目の前からこのこんな感じです!

何ともいえませんね。

6月だというのにもう夏そのものでした。

海は本当に海外のリゾート地に一歩も引けを取らず透明感に溢れ輝いています。
今まで行った日本国内の中ではダントツですね。


島を一周するためレンタカーを借りることに。
唯一のレンタカー会社くじらレンタカー(098-987-2836)に行き、
一番安い車を借りようとしたが出払っていて、
ワゴン車¥11,025(ガソリン別)はちょっと高いですね。
島は狭いので2〜3時間あれば十分まわれます。

借りる方は是非予約を。
 


渡嘉敷島003.jpg
日差しはもちろん強いので日焼け止めのサンオイルは必需品です。
 
マリンスポーツも色々体験でき、
この日は兼ねてから乗ってみたかったマリンジェットを体験。
思ったよりパワーがあり乗っているというより、
乗せられている感じでした。ハハハ





渡嘉敷島005.jpg
私達も目の前に見える島めざし、
宿のカヌーをかり結構苦労して上陸して見ましたが・・・

何もない島?でした。

ここでは何もしないのが、最大の魅力かもしれませんね?

たまにはゆっくり・・・

ゆっくり・・・





渡嘉敷島006.jpg
ここは宿泊した
ペンション・リーフ INN 国吉
住所:沖縄県渡嘉敷村字阿波連178番地
TEL 098-987-2206

ダイビングの宿としてもOK。
料金も沖縄本島より若干安い。
クーラーにお金を入れるのだけは勘弁してほしいんですが・・・
後は合格です。





実はまだ続きがあります。

帰ってからしばらくして同行した友人と飲んだ時である・・・
「あの日、朝起きれなかったのは」と言い出し、
「あの時は言いづらかったのだが、
沖縄の夜ホテルで金縛りに会い兵隊さんが出たんだ」とのこと。
そして「渡嘉敷島の歴史民俗資料館に行った時、
写真のの中にその兵隊さんの姿が会った」とも言い出した。

たしかに沖縄は綺麗な場所であると共に、
戦後の歴史が色濃く残っている場所でもありますね。
posted by yu_ki at 23:35 | 福岡 ☁ | Comment(6) | TrackBack(1) | 旅行
この記事へのコメント
すごく素敵〜!!私は昨年、初めて沖縄に行ったんですが、台風で・・・。
でも、泡盛のカクテルはすごくおいしかったです♪
次回はこの渡嘉敷島を計画に入れて再挑戦したいです。
Posted by green apple at 2006年04月20日 23:51
ひさしぶりです!
写真、とってもきれいですね!!
行ってみたいなぁ〜
でも、もしかすると この話は・・・私も知ってる人だったりします?
Posted by みき at 2006年04月21日 00:19
green appleさん
渡嘉敷島は沖縄本島より島に渡るのにリーズナブルで
本当にお薦めです。9時の高速フェリーに乗れば十分日帰りでも可能ですが、何も無い場所を是非満喫してみてください。
沖縄はかなりの回数行っているので、今度お薦めの店も載せてみますね。
また、遊びに来てください。

実はまだ全部書いてなく、修正入れている間にコメントいただいてしまいました。すみません、今完成しました。
Posted by 管理人 at 2006年04月21日 00:24
みきちゃん久しぶりです。
写真を見てて偶然思い出し記事にしてしまいました。
もちろん、みきの知ってるあの方ですよ!
そうそう、みきのお母さんが記事の方に持たせてくれた焼酎「天使の誘惑」だったんですね。その頃は知らないで飲んでました。
そのうち載せてしまうかも。
Posted by 管理人 at 2006年04月21日 00:31
hiroyukiさん、こんばんわ。やっと、人様のブログにあそびにこれるようになりました。二日酔いはつらいです・・・。さてさて、渡嘉敷島、すてきなところですね〜。沖縄には1度だけ行ったことがありますが、あのときのんだ泡盛の味がいまでも忘れられません。日本酒の冷酒みたいにして飲むのですよね。おいしかった〜。渡嘉敷港の景色、なんか見たことあるような・・・。あとで地図で調べてみます。それにしても、hiroyukiさんのまわりにはみえちゃう人多いですね。わたしも若い頃は・・・・。
Posted by まゆ太 at 2006年04月21日 22:56
まゆ太さん
わたしも若い頃は・・・・で切らないで下さい。気になって眠れなくなります。

渡嘉敷島は本当に良い意味で何も無いです。その分ゆっくり出来ますね。
本文には書かなかったんですが、400人近い集団自決があった場所でもありますからね。

二日酔いはつらいです・・・の後に、あのときのんだ泡盛の味がいまでも忘れられません。とはさすがまゆ太殿。
Posted by 管理人 at 2006年04月21日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16828479
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 慶良間諸島慶良間諸島(けらましょとう)は、沖縄県那覇市(沖縄本島南部)の西方約40kmの東シナ海上にに点在する大小20余りの島からなる島嶼群である。行政上は渡嘉敷島を中心とする渡嘉敷村と座間味島を中心..
Weblog: 美ら沖縄
Tracked: 2007-09-29 11:24

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。