QRコード
携帯からもLet'sアクセス るんるん

2009年02月16日

和田アキラ廃盤再プレスを応援!

ソニーさんの企画に乗ってあげてください。

和田アキラ 「THE GUITAR」 の詳細はこちらから
http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=WQCQ000000142

このレコードは実は持ってるんですよ。
ギタリストの皆様、CD買っても損は無いですよ。

WQCQ-142.jpg



予約が100%に達しますと復刻が決定致します。
ギタリスト和田アキラの1stソロ・アルバム!!
日本を代表するフュージョン・グループであるプリズムの結成時からの中心人物でギタリストでもある和田アキラが1981年に発表した1stソロ・アルバム。初CD化作品。レコーディング・メンバーは、村上“ポンタ”秀一<Dr>、渡辺 健<Ba>、中村 哲<key>。当時のB面(track6〜10)は、自身のリード・ギターを省いたマイナス・ワン・トラックが収録され、ギター・コード譜、当時の機材の写真なども掲載。ギター教習用としても“使える”アルバム。
posted by yu_ki at 17:51 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・音楽

高鈴CDまもなく発売!

高鈴
「ヒビノウタ」
2月18日発売


DSC04830.JPG



ぜひお勧めなので聴いて欲しい!
もちろんライブも良いのだけど、
CDも中々の出来ですよ!


posted by yu_ki at 17:41 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・音楽

2009年02月06日

彫刻家 「佐藤忠良」知ってますか?

去年、宮城県美術館にて初めて「佐藤忠良」の作品に触れ、
初めて彫刻って良いと思った。

佐藤忠良記念館の中は撮影が禁止されているので、
表に飾ってある作品を撮影してみた。

特に中の作品で気に入った作品があったのだが、
残念ながらここには載せられません。

頭像、女性像、こどもの像が多かったのだが、
何体もある像の自然体のポーズ、詩情豊かな作風は、
宮城県美術館に来て良かったと思わせた。

今まで作品によっては、感激したのだが、
これだけの数があっても、見るたびに感銘を受ける彫刻家はいない気がする。


もちろんこれだけの彫刻する方なので、
絵も当たり前に描けるのだろうが、
絵本の挿絵でも、『おおきなかぶ』が最も広く知られているのではないでしょうか。



satou001.jpg


satou002.jpgsatou003.jpg



佐藤 忠良
Satoh Churyo

略歴
1912 宮城県に生まれる
1939 東京美術学校彫刻科卒業
新制作派協会彫刻部の創設に参加
1954 第1回現代日本美術展佳作賞受賞
1960 第3回高村光太郎賞受賞
1966 東京造形大学教授となる
1970 第3回北海道秀作美術展第3回北海道立美術館賞受賞
1974 第15回毎日芸術賞、芸術選奨文部大臣賞受賞
1975 第6回中原悌二郎賞、第3回長野市野外彫刻賞受賞
1977 第5回長野市野外彫刻賞受賞
1981 フランス国立ロダン美術館において個展を開催
フランス学士院アカデミー・デ・ボザールの客員会員に推挙される
1984 ローマのアカデミア・ディ・サン・ルーカ の客員会員に推挙される
1986 東京造形大学名誉教授となる
1988 「佐藤忠良のすべて展」開催(盛岡、福岡他11会場)
1989 朝日賞受賞
1990 宮城県美術館に佐藤忠良記念館が開設される
1992 第41回河北文化賞受賞
1998 佐川美術館 -ブロンズの詩- 佐藤忠良館が開設される
「佐藤忠良 彫刻科の眼」(宮城県美術館)開催
2000 「佐藤忠良展」(日本橋・高島屋)開催
posted by yu_ki at 18:48 | 福岡 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 美術

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。