QRコード
携帯からもLet'sアクセス るんるん

2007年04月28日

久山温泉「湖畔の森の露天風呂」

「湯の湖」



LAKE001.jpg



先日の仕事前に飯塚方面に向かう途中「久山温泉」の看板を発見!
車移動のため余裕を持って出発したため、
1時間半はゆっくり遊べそう。

ルートからはずれ1kmも走ると到着。
何だか普通のホテルのお風呂かなという外観??
自然な感じもあまり期待できないかな?などと思いつつ・・・



LAKE002.jpg




入り口にてパンフレットを見てみると。


多彩なお湯の楽園で、
静寂とくつろぎを満喫する
贅沢な休日をどうぞ。


いよいよ中に入ってみると、
脱衣場はゴルフ場のロッカールームみたいに広い作りで贅沢。

内風呂だけでもこの写真の広さがあり、
その他に、サウナ、バイブラバスという名の
ジャグシーみたいな泡風呂まであります。

これだけでも来た甲斐がありました。


LAKE003.jpg



外に出てみると桶風呂が3ヶ所あり
本日は「真珠風呂」に入ってみました。
少し甘い香りが漂い、リラックス出来るぬるめのお風呂でした。



LAKE004.jpg



ここは「薬湯」。
人気の湯なのか、空くとすぐに別の人が入ってました。
効くんでしょうね?



LAKE005.jpg LAKE006.jpg



庭も綺麗に管理されていて、季節の花が植えられています。
「檜風呂」も快適です。


LAKE007.jpg



ここは外の「よもぎサウナ」で、
入り始めは少しにおいがきつい感じがしましたが、
しばらくするとだんだん気持ちの良い香りに変わってきました。
それと同時に、体から汗が吹き出てきて快適そのものでした。
普段あまりサウナに入らないのですが、
ここは次回また入りたいと感じましたね。


LAKE008kaidan.jpg


「よもぎサウナ」を出て横を見ると、何だかまだ奥があるみたいです。
こんな階段を下がっていくと、
そこにはさらに大きな石作りの大露天風呂が!



LAKE009.jpg



こんな場所が本日貸切でした。
滝は見えるし、秋にはもみじがたくさん植えてあるので
見事な紅葉が見られそうです。
管理人のおじ様とお話しすると、
「冬はここまで距離があるから少し寒いかも」とのこと。
そんな贅沢なお言葉をいただきました。

また来ます!




レイクサイドホテル久山
福岡県粕屋郡久山町久原1822
TEL 092-976-1800
posted by yu_ki at 01:33 | 福岡 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉

2007年04月17日

福岡市動物園の動物 Vo.2「ペンギン」

penngin b.jpg


ここのペンギンは、いつも素敵なポーズをとってくれます。
泳いでいる姿もかわいいけど、こんな感じでポーズも最高!

ここには何種類もペンギンがいるけど、
こいつが、一番男前?美人?だった。

ペンギンのオス、メスどこで見分けるのかな???
posted by yu_ki at 23:48 | 福岡 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 美術

福岡市動物園の動物 Vo.1「ゾウ」

zou b.jpg


ちょうど掃除の時間で、飼育員の方が3人入って来たので
奥にいたゾウが思わず近くまで・・・

やっぱり迫力あります。
尻尾をのばしてボトボト??
これも迫力あります。
posted by yu_ki at 23:42 | 福岡 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 美術

最近のお気に入り「クレソン」

kureson.jpg


最近「クレソン」が、たくさんはえてる場所を見つけました。
もちろん知り合いの所有地なので、許可は取ってますが!
ここに行くときはお水も汲ませてもらってます。

好きなだけ採ってもぜんぜん減らないくらいはえてます。
これを自家製ベーコンと炒めると最高に美味しいく、
スープにしてもいけます。

奥のほうに写ってるのは、「わらび」。
これももちろんただ。
あく抜きしないと食べれないけど、
少し粘る食感がまた癖になります。
エリンギと山菜御飯にしていただきました。
posted by yu_ki at 00:37 | 福岡 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り

2007年04月15日

むすび(産霊)の神「飯盛神社」

「飯盛神社」 福岡

2007年4月




ijinn001.jpg



飯盛山の東麓にあり、10月9日に行われる
秋の伝統神事「流鏑馬」が有名です。



ijinn002.jpg


入り口を入るとわりと小さなたたずまいを見せ、
裏側には樹齢?百年もあろうかという木々が聳え立っている。
欅、楠、むく、まき、などの保存樹木が何本も・・・


ijinn003.jpg ijinn004.jpg


ここにも水があるのですが、
後半に紹介する文殊堂の水は頭が良くなる水だそうです。



iimorikomainu001.jpg iimorikomainu002.jpg




「飯盛文殊堂」(いいもりもんじゅどう)




monnshu001.jpg


ここのお水を飲むと頭が良くなるとか!
当日もポリタンクを持って何人も汲みに来ていました。
何でも、ここのお水を親に、
小さいときから頭が良くなるように飲まされていたとのことです。



monnshu002.jpg



入り口にはこんなに立派な花びらをつけて出迎えてくれました。


monnshu004.jpg monnshu003.jpg


梵字を刻んだ板碑(市指定文化財)が堂前に。


monnshuanpan.jpg monnshu005.jpg



砂絵がと思って良く見ると??
「アンパンマン」が上手に描かれていました。



monnshu006.jpg
posted by yu_ki at 21:20 | 福岡 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

自転車で麓まで「飯盛山」

「飯盛山」 福岡

2007年4月



mapiimori.jpg



飯盛神社まで自転車で行き、そこから山道を登ること1km、
飯盛山の登山口に到着。

ここは家から程近い場所にあるお山です。


torii000.jpg


登山口にあたる「中宮社境内」には大きな鳥居が。
まん中のロープなんだと思いますか?
これは上り下りを仕切るロープでなく、
急な傾斜のためにつかまるロープです。
写真ではあまり急にみえませんが、お年寄りには結構きついですね。



iimori001.jpg



車でもここの鳥居のある場所までこれるのですが、
本日は自転車を下の神社にとめゆっくりあがってきました。

コースは三ヶ所、左の舗装路の「あじさいの路」、
鳥居を抜けて階段を使うルート、
そして本日は左の登山道より登って見ます。



iimori002.jpg iimori003.jpg


登り始めると結構きつい山道が続きます。
始めのうちは天気も良かったので気持ち良い山道でしたが、
いつまでたってもこの急な山道が終わる気配がありません。



iimori004.jpg iimori005.jpg



神社を通り抜けてくるだけあり、
この山は何だか神々しい感じが辺り一面ただよってます。
途中にもこんな大きな岩が転がっています。


iimori006.jpg


実はこの山 三八二米しかないんです。

しかし、初めから終わりまで、
特に後半は写真のような岩場の崖みたいな場所が続きます。
まさかこんなに低い山にロープがあちこちに張っているとは思いませんよね。

標高だけを見て、ハイキングがてら運動靴で来た日には・・・
特にくだりが大変なことになります。


iimori007.jpg


いよいよ頂上に到着です。
かなりの満足度が近場で味わえる場所だと実感。
後で聞いた話ですが、この山低いけど九重方面に登山する人の
練習の場でもあるみたいです。

頂上で休んでいると後から登ってくる人の顔が
かなりきつそうでみんな大汗かいてました。

二日酔いでふらっとは結構きついですよ!食う○るさん




iimori008.jpg iimori009.jpg



山頂は、程よい広さなんですがベンチが一つしかないので
座るシートを用意したほうが賢明ですかね?


nokonoshima.jpg

tawa-domu.jpg


ここからは福岡の街並みが見渡せます。
上は写真では能古島がみえ、
下の写真にはドームや福岡タワーまで見渡せます。
写真では少しもやがかかってますが、結構綺麗に見えました。



iimori010.jpg iimori011.jpg


帰り道ですが、下りもかなり厳しいものがあり、
蟹のように足を横歩きしないと
滑ってしまいそうな場所ばかりでした。

途中よりコースを変え、「物見櫓跡」方面に向かってみました。
途中には「王桜」などがありましたが、
名前が付くほど立派な木ではなかったように見えたのですが・・・
今度、ちゃんと云われでも調べてみます。



iimori012.jpg



しばらく下ると、舗装路にでてそこには鳥居があります。
100mくらい下ると、「物見櫓跡」があります。
ここも大きな石がかなりの数みられ不思議な展望台てな感じですね。



iimori014.jpg



前にふらっと立ち寄ったときは、
まん中の大鳥居のルートで階段をここまで上がってきました。
時間のない時でもここまであがれば、福岡の街並みを充分見下ろせます。



iimori015.jpg


iimori016.jpg iimori017.jpg



帰りは「物見櫓跡」より少し戻り、
舗装路の「あじさい路」をくだっていくことにしました。



iimori018.jpg


これからの時期あじさいが咲き始めたら
ここは道端一面綺麗な路になるのでしょうね。


iimori019.jpg


本日の終点となる大鳥居がみえてきました。
登山はここまでですが、この後、下の神社にでも寄って見ます。
posted by yu_ki at 00:22 | 福岡 | Comment(6) | TrackBack(0) | 自然・動物

2007年04月12日

福吉インターより400m「まむし温泉」

mamushi001.jpg


パンフより

■ 神水まむし温泉のご案内   
まむし湯はその昔、
僧空海(平安時代初期800〜840年頃)が諸国行脚の折、
この福吉の地で、まむしに咬まれ苦しんでいる人を見て、
霊力により薬水を湧き出させた。

このお湯を飲み、傷口を洗い全身を清めた人は、
しだいに痛みもとれ、全快したと伝えられています。
この由来ある地に自然との調和を考え、和風のたたずまいに、
露天風呂はもとより最新の浴室設備を完備しました。

近年では、皮膚炎や美容・美肌のためと、
お風呂・飲料用に遠方より汲みに来られる方もおられ、
女性の方には好評です。




mamushi002.jpg


ここの広い露天風呂には、
樽風呂、五右衛門風呂、打たせ湯、石づくりの浴槽があります。

決して内湯が狭いわけではないのですが、
この露天の広さは魅力的です。


mamushi003.jpgmamushi004.jpg


ここのお風呂の看板はよく目にしていたり、
目の前を通っていたりしていたのですが、
料金の800円が気になり・・・
実は最近、九州の価格に慣れてきて、800円が高いな!と
思い始めるようになってしまいました。

しかし、ここに通う人であれば
「温泉つづり 5回券 \2,500」
見たいなチケットもあるみたいです。
他と違うところは、「入浴料はタオルのレンタル料込み」と
なってるところですかね。


mamushi005.jpgmamushi006.jpg


天気の良い日には高速インターより近くお薦めなお風呂です。


mamushi007.jpg




〒819-1641
福岡県糸島郡二丈町吉井2380-1
TEL 092-329-3003
FAX 092-329-3008
FreeDial 0120-506426
営業時間 AM10:00〜PM10:00
休館日: 不定休

posted by yu_ki at 23:18 | 福岡 | Comment(4) | TrackBack(0) | 温泉

2007年04月08日

頼まれてしまいました「肖像画」

DSC02417b.jpg
肖像画 6号



あるお店に、私の水彩画を飾っていただいてるんですが、
その絵を見て「肖像画」を描いて欲しいと依頼されてしまいました。


お金を払うからとかいわれても、
プロではないので・・・
時間のあるときに・・・
出来なかったらごめんなさい・・・

そんな言い訳をたくさんして写真を預かりました。

この方、九大の名誉教授でもある偉い方なのです。(緊張)


始めは水彩でもいいと言うことでしたが、
せっかくなので油で挑戦してみました。

実は油絵は高校の時の美術の授業で描いた1枚を入れて、
この作品が5作品目というすごい経歴です。(かなりの初心者)

そんなわけで、緊張しながら色をゆっくり重ねていきました。



出来上がり、額に入れると少しは立派に見えると思い、
額は少々奮発!

博多座の目の前にある「大崎周水堂」に、友人の溝内君を訪ね、
額を一緒に選んでいただきました。

この店、九州ではかなりの品ぞろいでお勧めです。
溝内君をたずねれば親切に対応、そしてサービスもあるかも??

とりあえず完成したので肩の荷が少しだけ下りた気がします。
posted by yu_ki at 00:09 | 福岡 ☀ | Comment(10) | TrackBack(0) | 美術

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。