QRコード
携帯からもLet'sアクセス るんるん

2007年03月15日

「SHE FACT」

SHE FACT


shefact001.jpg



先日、本当に久しぶりに覗いてきました。

このグループは以前自分の関係の現場?に出演して頂いたのですよ!
その時はバンド編成でしたが、普段はKEY&Voでやることが多いのかな?

資料を調べてみると、なんと2001年8月!時の流れは速いですね。



出会いはVoの泰子が、このブログでも紹介している
霧生ナブ子さん(JAZZ Vo)とN.Yでお会いしたときに
連れ立っていたのが最初ですかね?


それからライブ覗いたり、通訳頼んだり、スタジオでレコーディングしたり・・・



今回は、本当に久しぶりだったので、どの位成長したか本当に楽しみでした。
何だか契約も決まったとか、うれしい話まで聞こえてきました。
「歌のうまさなどは努力しても得られない天性の物持ってるし、
その歌引き立たせるピアノも京子ちゃん弾けるし、
実力は問題ないので、後はチャンス待つだけかな」と思ってました。

「SHE FACT」この名前聞いたら、一度、聞いて見てください!

しょーもないライブやっていたら、ご一報下さい。
代表してシメに行きます。(笑)



posted by yu_ki at 00:09 | 福岡 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能・音楽

2007年03月11日

高尾山で一押しの「高橋屋」

高橋屋

2007年3月


takahashiya000.jpg


高尾山にご一緒していただいた
食う寝るさんお勧めの「高橋屋」さんで本日の高尾の〆といたします。

登る前からのお約束、降りてきたらここ「高橋屋」でおいしいそばを。


takahashiya001.jpg


私が頼んだのは、鴨つけ汁のそば。
蕎麦はもりか、鴨ぐらいシンプルなのが一番蕎麦の味がわかりますね。
鴨が好きなこともありますが。

鹿も好きですよ木曽駒さん

お勧めだけあり(注、高尾では??)
なかなか味わいのあるお味で、店構えを裏切りませんでした。


takahashiya002.jpgtakahashiya003.jpg


こちらは天ぷらそばと、とろろそばです。
何だか朝とは逆転して、私は冷たいそば、食う寝るさんは温かいのに変更です。

何だか改めて食う寝るさんには、蕎麦の楽しみ教えていただきました。



1.高尾山クラスの山にはあわてて登らず朝は蕎麦でも食ってからゆっくりと。

2.蕎麦屋をはしごする楽しみ。その日のうちに行くので味が鮮明にわかります。

3.温かい蕎麦にとろろを入れるんでなく、つけて食べる。
  これはまだやってないですが次回挑戦してみます。



九州に来たときにはうまい蕎麦屋はしごしましょうね!
posted by yu_ki at 23:44 | 福岡 ☀ | Comment(13) | TrackBack(0) | 蕎麦

本当に久しぶりの「高尾山」

高尾山

2007年3月



takao001.jpgtakao002.jpg


次回実家に戻ったときは「高尾山」に行こうと心にきめて!

そんなわけで行ってきました!(そんなに大騒ぎする山でもないんですが・・・)


せっかくだからブログ仲間でもある、食う寝るさんに付き合ってもらっちゃいました。
高尾山登った回数は数知れずですが、
登っていると「ここは通った記憶がある」などと
昔の記憶が懐かしく思い出されてきました。

何せ、小学校の遠足の定番でしたし、
中学になると調布から自転車で頂上目指したり、
休みの天気の良い日は午後からふらっと行ったり、
正月は大晦日にお参り行ったりと、思いでだらけのお山です。


takao003.jpg


目的は山頂まで案内人の食う寝るさんがコース予定をたてていただき、
ケーブルカーから4号線で山頂に出ました。


そこからゆっくり歩き始め一丁平、城山まで来てしまいました。
案内人の方が、「ここのビールとなめこ汁は・・・」
こんな言葉に弱いんですよ。


takao003.5.jpg


歩いた後の飲み物は最高。
もちろんなめこ汁も美味しくいただきました。
天気も良くハイキングには最適な日で高尾山を満喫してしまいました。
しばしここで休憩した後に引き返します。



takao004.jpg  takao005.jpg



途中休憩をはさみながら帰りは6号線を通り、
あっという間の下山で駅に到着でした。

ではこれから本日2件目となる蕎麦屋に向かいます。
posted by yu_ki at 22:32 | 福岡 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 自然・動物

2007年03月10日

ここは高尾山の蕎麦屋「橋詰亭」

橋詰亭



hashitume001b.jpg


久しぶりの高尾山に登ろうと京王線で高尾山口に到着。
駅を降りると、にこやかに友人が迎えてくれました。
お約束通り、蕎麦をとりあえず食べてから登山ということに。



hashitume002b.jpg


何件もある蕎麦屋の中向かったのは「橋詰亭」でした。
朝ごはんがわりに蕎麦をいただくので、
今日は珍しく温かい蕎麦にしてみました。
たのんだのは「とろろそば」
何だか山に登る元気が出てきたみたいで、
からだがあたたまり、高尾山の名物とろろにもパワーもらった感じです。
蕎麦自体にほんのり塩の味がきいてとても満足でした。


本日の目標は下山後、おなかをすかせてもう一軒!
もう一軒山はレポの後のお楽しみ。




住所 八王子市高尾町2476
電話 0426-61-8420
営業時間/ 10:00〜17:00
定休日:  金
posted by yu_ki at 00:40 | 福岡 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 蕎麦

2007年03月07日

東京国立博物館

東京国立博物館

2007年3月


uenoh001.jpg



ここは上野にある東京国立博物館。
この場所を訪れるのは学生のとき以来なので何十年ぶり。
久しぶりに入ってみると、
ここは日本が世界に誇れる美術館ということを再認識しました。

上野には今までも幾度となく通っていたのですが、
前は通りますが、なかなか入らないでいました。
こんなに建築物を含めすばらしい場所なら、
もう少し通っていればよかったとつくづく思ってしまいました。




uenoh001.5.jpg



今回の目的は、平成館で行なわれている
「日本初、マーオリ美術の大展覧会」が見たかったのです。
ニュージーランドのマーオリのイウィ(部族)の物は、
小物などがデザイン性にあふれシンプルなのですが、
とても魅力あふれる品々でした。
入り口を入ると「マウリ石」が置いてあり、
この石はいろんなものを結びつけるそうです。
今回展示されている中では唯一触れることが出来ます。



uenoh002.jpg



本館だけでもかなりの展示物を見ることが出来ます。
この建物も歴史を感じさせるすばらしい建物ですね。
もちろん作品もそれに引けをとらないすばらしいものでした。
友人は、高校生の時に見たものが
今も同じ場所に同じように飾られているといってました。
すごいことですね!



uenoh003.jpg




uenoh004.jpg uenoh005.jpg




表慶館



hyokei001.jpg



「表慶館」は、皇太子殿下嘉仁親王(大正天皇)の
ご成婚記念に造られた美術館で、国の重要文化財にもなってます。
設計は宮廷建築家の片山東熊、竣工は明治41年10月。


hyokei002.jpg



ここの何が素晴らしいってネオ・バロック様式建てられ、
明治時代の洋風宮殿建築の中でも特に美しく、
外観だけではなく内部天井には装飾が施され美しい絵模様が描かれていて、
中に入り天井を見上げるとしばし時間を忘れてしまいそうです。




hyokei003.jpg


この写真は本館のガラスに映った表慶館です。
本館に向かいガラスを見るとあまりにも綺麗だったので、
ここでも一枚パチリと・・・
ここは敷地全体が美術館ですね!





法隆寺宝物館



houryu001.jpg



法隆寺と聞いただけで、奈良、京都好きの私はわくわくしてしまいます。
今回は工事中だったこともあり、2室のみの展示でした。
しかし、ここも目の前の人工池、また中から見える景色も抜群でした。



houryu002.jpg houryu003.jpg
posted by yu_ki at 23:36 | 福岡 ☀ | Comment(8) | TrackBack(0) | 美術

2007年03月01日

日向峠の「椚(くぬぎ)のそば屋」

「椚(くぬぎ)のそば屋」


DSC01747 1b.jpg


日向峠をこえるとなんでもない田舎道に、一軒の蕎麦屋がある。

何回か前を通っていたのだが、
店構えからしてどうしても入りたい場所ではなかったので・・・

すみません


DSC01749 2b.jpgDSC01752 2b.jpg


中に入ると独特の雰囲気はないものの格好綺麗な店構えです。



DSC01753 b.jpg


おそばを注文すると、突き出しが出てきた。
どれもなかなかの味で少し洒落てます。少しおそばに期待が!

しかし突き出しの一部が、厨房よりカウンター挟んで、
客席側に何品か置いてあるのが気になるが。


DSC01755 b.jpg


ここのそばは、多分二・八ですね。つゆもだしの香りが立ってなかなか美味しい。
そばは合格点をあげれます!


DSC01758 b.jpg



最後は、そば湯にちょっとしたお口直し。
心憎いですね!




住所 前原市大字高祖303-1
電話 092-323-8133
posted by yu_ki at 15:20 | 福岡 | Comment(5) | TrackBack(0) | 蕎麦

写真を整理してると・・・

kuroi001.jpg


先日写真を整理していると懐かしい絵が。
絵といってもポラロイドカメラで撮ったものですが。

皆さん、自分が学生次代描いた絵などは残っていますか?
私はほとんどっていっていいほど残ってません。
これは、偶然にも写真に収めておいたものです。
このころポラロイドを買ったばかりで、ためし撮り含めて色々な物を撮っていた気がします。


この絵は確か・・・

弟の中学の美術の宿題だった気がします。

今見ると、デッサン力のなさがこの頃からだったんだなーと・・・
posted by yu_ki at 15:06 | 福岡 | Comment(3) | TrackBack(1) | 美術

「華やぎの湯」

「華やぎの湯」



sengoku001.jpg


ここは「千石の郷」
お風呂に、レストラン、もちろん宿泊も可能。
家から30分あればこれる場所でもあります。

しかし最初に来たときは、
坂を上っていくと本当にこんなところにあるの??てな場所でした。
昼間だったので行きましたが、知らない人が夜行ったら、
半分ぐらいの人は引き返しそうな気がします。


sengoku002.jpgsengoku003.jpg


ここのお風呂は、ここら辺一帯お水が美味しいことでも知られる、
天然湧水を使用している。

露天風呂からは福岡市が一望できる大パノラマが広がっていて、
特に夜は遠くに見えるネオンがとても綺麗です。

内湯の広さは、何十人も入れるほどゆったりしていて、
もちろんサウナも完備してます。


sengoku004.jpgsengoku005.jpg


以前一度ブログでも紹介しましたが、
2Fにはオーガニックや地元の新鮮な野菜や食材などを活かした
ブッフェ形式のレストランが最近のお気に入りです。

写真の奥のほうにも見える通り、シェフがサーロインや、
地鶏などを焼いています。
もちろんここは食べ放題!

デザートの充実度が高く、季節によりいろいろ品々が変わり、
女性にはたまらないみたいですね。

ドリンクもアルコール以外は料金に含まれています。
豆乳なども置いてあり、他のドリンクも種類豊富です、



sengoku006.jpg


ここの欠点は、少し食べ過ぎてしまうことですかね!



営業時間 昼 11:00〜15:00 (入店14:00まで)
     夜 17:30〜21:00 (入店20:00まで)

posted by yu_ki at 14:27 | 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。