QRコード
携帯からもLet'sアクセス るんるん

2006年05月25日

小籠包のオーラに引かれキャナルに・・・

なぜか気分は肉汁??

小籠包が食べたい!ということで・・・



060524_1857~01.jpg
向かった先はキャナルのグランドハイアットにある「南翔饅頭店(ナンショウマントウテン)」に行ってきました。

この看板からして期待できそうです。

いかにも高級中華店の雰囲気が漂っています。
さてさて中身はどうな店なんだろう??
期待が高まってきます。






060524_1751~01.jpg
中に入るとこの内装でビックリ!
黒と赤を基調にした空間が広がります。
まるで、中華店というよりバーそのものの雰囲気です。

調べてみると・・・
インテリアは日本を代表するインテリアデザイナー森田泰通氏がクリエイティブディレクターをつとめ、森田氏の率いるデザイン集団「ERO ERO」がデザインを担当とのこと。

ナ ル ホ ド

そんな中、店員のお姉さまの爪はネイルサロン状態で!
しかし、この店の雰囲気にはすごくマッチしていて違和感はなかったですね。





060524_1756~01.jpg
始めの注文は、前菜として「蒸し鶏の紹興酒漬け」。

蒸し鶏はなぜか中華店に行くと必ずと言って良いほど注文します。
これは期待通り、値段もリーズナブルでとても美味しい。
紹興酒の名前が気になっていたが、まったくお酒臭くはなく、淡白な味わいで鳥そのものの味がわかる上品な1品でした。
量も程よく、まさに前菜にはもってこいですね。






060524_1804~01.jpg
続いては、「海老マヨ」の登場です。

もちろん中の海老はぷりぷり、回りはさくさく。
味も酸味が程よく利いてなかなかの食べ応えです。
特に海老の素材の良さが際だってます。
海老チリとはまた違った意味でお薦めな1品です。





〓ト包002.jpg 〓ト包001.jpg 


いよいよ本日の真打登場です。

「黒豚と海老の小籠包」6個入りです。

店のお姉さまの説明通り、黒酢をつけて生姜の千切りをのせていただきました。
右の写真でかすかにわかると思うのですが、黒豚の鮮やかなピンク色。
肉のうまさが際だってます。
この肉はなかなか食べれない旨さかも?
しかし説明にあった、「レンゲに乗せ最初にスープを味わって下さい」の
スープがほとんどないのはどうして??
味そのものは悪くないのですが、
小籠包の命は半分は熱々のスープだと思いませんか??
ちょっと残念です。



060524_1816~01.jpg
本日の締めはチャーハンを頼んでみました。

チャーハンには少しうるさいので辛口評価です。

これは特別うまくもまずくもなく、こんなものですかね。
これに鳥のダシが効いたスープなんか付くと良かったんですが。
こんな書き方してますが決してまずくないですよ!





060524_1815~01.jpg
このジャスミン茶は美味しかったですね。

しばらく待つと花が開き見た目の美しさも手伝い、
とても満足なお茶でしたね。
なくなるとお湯を足していただいて、
まだまだ飲めるところも気に入りました。

何件かの中華店で思うのですが、
中華にジャスミン茶は付き物でお金を取る感覚が、
どうもいまだになじめないのですが・・・
私だけでしょうか??



最終的にはなかなか雰囲気も含めて楽しめました。
思ったより値段も高くなく楽しめましたね。
小籠包は次回1個300円というのがあるので、
それを食べてから店の評価となりますね。


南翔饅頭店
〒812-0018
福岡市博多区住吉1−2−82
グランドハイアットB1
TEL&FAX 092-263-3883
定休日 無休
posted by yu_ki at 01:12 | 福岡 ☁ | Comment(15) | TrackBack(1) | 日記

2006年05月24日

Coleman Lantern PEAK 1 Model 3018 HPAJ

peak 1.jpg


第5弾

コールマンランタン
PEAK 1 Model 3018 HPAJ Back Packing Lantern



久しぶりにランタン紹介です。

コールマンランタンというとガソリンが有名ですが、
これはガスランタンです。

点火する機能も付いていて、
ポンピングもしなくてよいのでオートキャンプの時は
予備ランタンとして使用しています。
夜にキャンプ場に着いた時などは、暗い中点火が楽なので重宝しています。
また、テーブルの上で光量を調整しやすいなど利点はたくさんあります。
キャンプ道具のケースの片隅に場所をとらないで収納できるのも魅力です。
もちろん山登りのときザックに入れるのにも向いてますね。


peak 1 ケース.jpg

買ったときはあれこれ考えずに、なぜか「PEAK 1」の名前に引かれ購入してしまいました。

重量 365g  ガス消費量53g/h  出力 618kcal/h(100w相当)
posted by yu_ki at 22:04 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ道具

2006年05月23日

今日は大漁だ!

同僚より釣りのお誘いがあり行ってきました。
唐津の釣具屋マルキンに、12時集合とのこと。
ここで必要なものを買い揃えていざ出発。

こちらに来てからは初めての海釣りで、これで釣れればいうことないんですが。

b玄海002.jpg


場所は、玄海町の港から船で鯛の養殖している場所まで渡してもらいます。
そこのイカダのスペースをお借りしての釣りとなりました。
実はここは誘われたI氏の奥様の実家の近くで、知り合いの場所です。
もちろん間違っても養殖している鯛のほうに竿を向けてはいけませんが。


b玄海001.jpg


今回は総勢5名での釣り、狙いはとりあえず初心者にはもってこいのアジ!
仕掛けにサビキ用の仕掛け(針が5〜6本付いてます)で、
先端にアミを入れるかごの小さいのを付けて投げ入れます。

13時過ぎより開始して、釣り始めたら掛かる掛かる、
アジとコノシロのオンパレードでした。
ベテラン3名はなんだか違う魚を狙ってるみたいですが?
初心者の私はI氏の奥様と仕掛けを変えず釣りまくってました。
途中休憩も入れずに5時まで釣るは釣るはで止まらなくなってしまいました。


b玄海004.jpg


本日のお魚??

写真で見てのとおり途中から魚篭が重くなり、
アジとコノシロを分けて入れるほどです。
写真の下にはまだコノシロ30匹位が入ってます。
アジを入れると100匹超えたような感じですかね?
魚篭に魚を入れてる間、
竿を投げておくと餌のない竿にまた掛かってることもしばしばでした。


b玄海003.jpg


5時前に雨がぱらついてきたので
電話をして向かいに来て貰うことにしました。
氷を買ってみんなで分けたのですが、
欲しいだけとっても十分に余るくらいの成果でした。


私も家に帰り早速知り合いにおすそ分けし、
早速料理に取り掛かってみました。
魚を3枚に下ろし、アジはそのまま刺身に
コノシロは小骨が多いので油で揚げてからマリネを作ってみました。
アジって甘い魚なんだと実感した旨さでしたね。
コノシロも淡白でマリネにしても結構美味しい食べ方だと、
これまた実感しました。

次回はイカとキスあたりをゲットできたら!!



posted by yu_ki at 19:19 | 福岡 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

コンピューターがやってきた!

b VAIO.jpg

新しいコンピュータがやっと到着です。

改新が遅れていたので、いろいろ皆様よりメール、他、問い合わせがあり
心配していただきありがとうございました。

実はコンピューターがいよいよ調子悪くなり、
買い替えと踏み切ったのでした。
ウイルスも疑いがあると思ったので、
コンピューターのチェックと入れ替えをを試みて、
世界とのコンタクトは携帯のみとなってました。


仕事柄、入れるソフトもエクセル、ワード、だけでなく、
音楽系のソフトをいろいろ入れるので
いまだに相性などに悩まされます。
昔は性能悪いとダビング中に変なノイズが入ったりとか、
ランの設定とカードがぶつかるとか、いろいろありました。
そんなわけで今回はすべてのソフトを入れても快適に動いてくれることを望みます。
(来たばっかりでまだTESTできてません)

古いVAIOはシステムを初期化しようと試みたのですが、
CD-ROMもVAIOでなければ、リカバリーCDを入れても受け付けてくれずに・・・
CD-ROM違うメーカー買ってしまったんです!
まだまだ使えるコンピューターなので何とか考えなくては。

ここら辺がSONYのやらしいところですね?

などと思いつつもかなりのSONYラーですが。

製品情報 目 (カスタムVAIOです)

実はデザイン的に「VAIO type F light」が色も選べて
スタイリッシュでほしかったのですが、
プロセッサーがpentium Mしか入らずに、
グレードを同じくらいに設定すると値段がなぜか全然違ってくるのでした。

そんな訳で最終的に迷ったあげく「VGN-FT91S_1」にしました。
一番の決め手は、プロセッサーがインテル Core Duo が積めることでしたが、
重さが3kg近くあり持ち運びが結構大変ですね。
しかし東京と違い、車での移動が多いのでここら辺は妥協しました。
そしてメモリーも1GB積んだので問題ないかと思ってます。
液晶もノートにしては大きく、サイズも15.4型ワイドで
クリアブラック液晶というだけあり、
写真が今までより数段綺麗にみえます。
一応TV機能もついてるのでアンテナさせばTV見れます。
ワイヤレスLANも入っているので、
NECのトリプルワイヤレス ブロードバンドルーターAterm WR6650Sも購入。
これでケーブル気にせずに部屋を移動できますね。

ハードディスクは60GBのままでグレードアップせずに、
外付のBUFFALOの250GBを買いました。
この製品は、OS、ソフト、データ、丸ごとバックアップでき音も静かです。

近日中に我が家に5台あるコンピューターを、
どこまでこの機種を使い簡素化出来るかが今後の課題ですね。
posted by yu_ki at 11:40 | 福岡 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | お気に入り

2006年05月10日

フランスのライトな赤「chevalier du levant rouge」

bDSC09479.jpg

ワイン
「chevalier du levant rouge」

実はこのワイン激安で、2本組み合わせていくらの品物。

そこそこ飲めればと思ったのですが飲んでみてビックリ。
軽い感じの中にフルーティーな香りでなかなか美味い。
変なアルコール臭さもなく渋みが口の中に残るということもなく。

総合点を挙げれば85点。
高得点でありました。
体調のにもよるのでしょうが、飲みやすいので止まらずについつい・・・1本。

もちろん高級なものと比べたら勝てないワインもたくさんあるんでしょうが、
値段を考えたら2重丸でした。

まだ売ってたら買いだめしよう!

 
posted by yu_ki at 23:11 | 福岡 ☁ | Comment(13) | TrackBack(0) | 酒の道

2006年05月06日

滝壺に竜が棲む「震動の滝」

日本の滝100選「震動の滝」

初めに断っておきますが、現在ここの滝は見ることが出来ません。

理由は、(ホームページより)

震動の滝展望台への遊歩道通行止めのお知らせ 。

九重町では平成18年10月完成に向け、鳴子川に『大吊橋』を架けるための工事を行っています。建設工事にともない、『震動の滝』展望台への遊歩道が通行できなくなりました。『震動の滝』を見学とされたいというお客様には、大変申し訳ありませんが、当分の間、通行止めとさせていただくことにご理解とご協力をお願いいたします。なお、通行可能となり次第、ご覧のホームページでお知らせいたします。遊歩道については「日本一の大吊橋」と併せ整備しますので、現在の形状とは異なりますが、皆様が楽しめるものになるよう心がけます。完成後の皆様のおいでをお待ちしています。

とのことであります。

この滝には2度ほど足を運んでいますが、両日とも工事中。
新しい観光スポットのため橋を架けるのはどうかと思いますが??
しかし、下の写真はその時に撮ったものです。

なぜ撮れたかはご想像におまかせします。

震動の滝001.jpg
九重町のやまなみハイウェイのルート上に位置している「震動の滝」は、平成2年(1990)日本の滝百選に選定されている。

駐車場から遊歩道(工事中なので途中から)を10分位歩くと観瀑台に到着します。
左側にも雌滝が見えますが写真は雄滝で、ここからも十分な迫力のある垂直落下の爆音が聞こえてきます。

毎年11月3日開催の「振動の滝紅葉祭」では、滝壷まで下りられるとのこと。

観瀑台の横には柵がありナンバーをあわせるカギが掛かっていますが、横からはわりと簡単に入れてしまいます。
またカギのナンバーは「どこかに書いてあるのでは?」と探すと予想通り・・・なるほど!

山道を降りていくと直径40mに及ぶ滝壷に到着。そこには温泉が沸いていて、手を入れると暖かい。温度も38度ということですが、とても入る気分になれる場所ではないです。祭りの後のゴミだろうか?結構汚らしく落ちていました。

ここまで降りてくると観瀑台から見るのとは違い、さらに迫力が増し雄大な姿がまじかで見ることができます。




所在地  大分県玖珠郡九重町大字田野


以前の記事でも紹介した筌の口温泉は、
ここから歩ける距離にありお薦めな温泉なので是非立ち寄ってみて下さい。

MAP九重観光協会より
震動map.gif
posted by yu_ki at 21:01 | 福岡 ☔ | Comment(9) | TrackBack(0) | 自然・動物

2006年05月05日

熊本の秘境「鵜の子滝」

鵜の子滝001.jpg
今回目指すは、熊本県の有名な通潤橋近くの自然溢れる滝、「鵜の子滝」である。

前日泊まった宿より目的地を目指してみると、駐車場なのか?空き地なのか?わからない場所を発見。一先ずここに車を停めて滝を目指してみることにした。

しばらく山道を下っていくと、水辺の景色が一面に広がった。写真の上部に、かすかに見える滝が「つばめ滝」、下が「鷹滝」である。
「つばめ滝」と「鷹滝」の間の岩盤の上を川が流れ広河原を散策できる。川の中には山椒魚が何匹も姿を見せていた。また、ここからは規模はさほど大きくはないが「つばめ滝」の滝壷まで近づくことができる。

緑川の支流笹原川にかかる「鵜の子滝」とは、つばめ滝、鷹滝、鵜の子滝の総称をいう。この滝は以前「幻の滝」と言われたが、今は遊歩道の整備により気軽に訪れられるようになっている。


つばめ滝
高さ10m幅10m

鷹滝
高さ40m幅10m



鵜の子滝.jpg

前の場所より山道を進んでいくと、一番迫力がある「鵜の子滝」が見えてくる。滝としてはここからの景色が最高ですね。

写真では二つの滝が見えるが、上流側の滝が鷹滝、下流側の滝が鵜の子滝である。

それにしても今まで見た滝とは違い、回りの景色も含め優美な場所である。今まで見た滝の中では一番好きな場所ですかね。しかし一日いてもほとんど人と出会うことがなく、さすが「幻の滝」といわれるだけのことはありますね。

一度機会があったら至福の時間を経験しに是非訪れてみてください。


鵜の子滝
高さ50m幅10m


所在地:上益城郡矢部町田所



余談

実はここを訪れたのは丁度2年前の仕事の時です。
写真家の十文字美信さんの写真と高音質なCDを作るための
コラボレーションのための録音でありました。
出来上がったものはCD『Water Fall 落ちる水』となり発売。
また十文字美信さんの滝の写真展ではバックで流されていたそうです。

滝の録音というと一見簡単そうだが、
相手が大自然の場合は簡単には行かず・・・

まして自然が溢れるところに行けば行くほど大変なのです。
何が大変かというと、高音質を目指しているため
機材が通常のスタジオで使っている物と同じ物を用意しなくてはいけません。
イコール、機材を滝の音が取れる場所まで運ばなくてはいけないということです。
当日は3人で運んだのですが、一番重いものは1つ35kgという重量でした。
一人4〜5往復!帰りも合わせると10往復位しているわけで・・・
景色は最高だったのですが、かいた汗も半端じゃなかったですね。

ゆっくり時間をかけて暖かい時に、
もう一度プライベートで行ってみたいところですね。

 
posted by yu_ki at 23:40 | 福岡 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 自然・動物

2006年05月03日

ドイス・マパスnewアルバム『極東組曲』が届いた。

 DOIS MAPAS最近本当に頑張ってますね。

 4月27日 全曲ライブ録音による2nd album『極東組曲』2006) が発売されました。
 



kyokutou-jacket.jpg



1.BERIMBAU&PANDEIRO(instrumental)
2.旅する人
3.百年先のみなさん
4.しののめの空
5.ある老人との別れ
6.春の蟻
7.極東組曲
8.飛んでったサンビスタ
9.秋一景
10.都会の谷間で
11.旅する人(alternate take)





さっそくありがたいことに、ときわさんより嬉しいお届け物が・・・

最近一番大きな音が出せるカーステレオにセットして試聴。

あれ??

ドイスだよな??

いつもとは少し違うインストより始まる。

何だかスペースサーカスのアルバム(知らないですよね?)を思い出してしまうギターから始まった。(実はギターでなく、ビリンバウというブラジルの民族楽器だそうです)

ギター弾きの私としてはなかなか嬉しい始まりですね。

ところで新美さんスペースサーカス知ってます??


 
jacket0102_1.jpg
この写真は、『極東組曲』と、まもなく発売の『AGUAS DE MARCO』のアルバム2枚を組み合わせるとこのようになるとのこと。

考えましたね!

もう一枚も5月に発売とのこと。



久保田麻琴さん録音、ミックス、サウンドプロデュース。

久保田麻琴さんって、あの「久保田麻琴と夕焼け楽団」の方ですよね??

昔はLP結構聞かせていただきました。

今回のDoisのアルバムですが、ときわさんの声のLOW MIDの暖か味が感じられ「本当にライブ録音?」みたいな始まりです。また、Sax、Accordionが、これまた心地良い雰囲気をかもし出している。作詞作曲の新美(Gt)さん、このメンバーだと自分の思い通りの音が出せたのでは!

良い意味ボサノヴァのジャンル超えた音楽ですね。

久保田さんの録音、新美さんのセンス、ときわさんのいつもの歌声、どれをとっても聞き応えのあるアルバムです。

おかげさまで、久しぶりにほっと出きる時間過ごせました。


m_tokiwa.jpgこのアルバムは木下ときわさんのソロアルバムです。

木下ときわ
TOKIWA

2006.4.05 in stores
HRAD-00010
¥2,100(tax in)
posted by yu_ki at 22:42 | 福岡 | Comment(11) | TrackBack(2) | 芸能・音楽

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。